■[インストール方法]

WinMX.exeファイルがある場所にアーカイブを展開して 置いてください。(下図参照)
(D)WinMX
 ├ WinMX.exe
 ├ ・・・
 ├ ・・・
 ├ wsock32.dll ←「フォルダオプション」の「全てのフォルダとファイルを表示する」にチェックが入っていないと表示されないので注意。
 └ (D)chime
   ├ ChimeSetup.exe    設定ツール
   
chime.ini         設定ファイル
   (D)cpi           拡張プラグインフォルダ
    ├ CpiDefault.dll     サンプルプラグイン
    
CpiDefault.lzh
    サンプルプラグインのソース
    └(D)CpiDefault     サンプルプラグインのデータ格納用フォルダ
      CpiDefault.txt   サンプルプラグイン設定ファイル

(D)・・・ディレクトリ(フォルダ)

フォルダは作らないで直接置いてください。
chimeフォルダ の中身をWinMXのフォルダに移動する必要はありません。
あと間違っても同梱のwsock32.dllをシステムフォルダに入れないで下さい。

ChimeSetup.exeを実行するには日本語版のVB6用ランタイムが必要です。
ChimeSetup.exeを実行して、 文字化けしたり、XXXX.OCXが無いとかxxxx.DLLが無いとか出る時は、
http://my.vector.co.jp/servlet/System.FileDownload/download/http/0/188840/pack/win95/util/runtime/vb6sp5r2.exe
を落として実行してください。( リンクが切れている場合は、"VB6 ランタイム SP5"で検索してください。)

ChimeをインストールしたフォルダにはWinMX以外のEXEファイルを置かないで下さい。特にネットワークに接続するプログラムや、コモンダイアログ("ファイルを開く"等)を使用するプログラムはwsock32.dllを内部で呼び出すためエラーの原因になります。

■[アンインストール方法]

アーカイブに含まれていたファイルを全て消せばアンインストールが出来ます。

chimeが自動的に作成するchime.ini,event.log,trace.logも消せば完璧です。 レジストリ等は使用していません。

■[概要]

1:このプログラムはWinMXとwinsockの間に入って、 Client Programが提供していない機能を提供する目的で作成されました。
2:以下にChimeの動作原理(と言うか仕掛け)を説明します。
  Chimeの本体はアーカイブにあるwsock32.dllと言うdllです。
  この名前に見覚えのある人も多いと思いますが、wsock32.dllと言うのはwindowsでTCP/IPでの通信を行う際、
  汎用的に使用されているdllの名前です。
  通常、dll(特に汎用性のあるdll)はwindowsのシステムフォルダ(win9*ならC:\windows\systemなど)に置かれ
  アプリケーションに利用されます。
  アプリケーションがdllをディスクから読み込むときは探す順番と言うのがあり、これは
  1. アプリケーションがロードされたディレクトリ
  2. 現在のディレクトリ
  3. 32ビットWindowsのシステム ディレクトリ。
  4. 16ビットWindowsのシステム ディレクトリ。
  5. Windowsディレクトリ。
  6. PATH環境変数内にリストされているディレクトリ
  の順番でdllを探します。
  この規則を逆手にとって、本来システムフォルダにあるdllと同じ名前のdllをアプリのあるフォルダに置いてやれば
  アプリはこの「偽の」dllを「本物と思って」読み込みます。
  後は「本物の」dllと同等の処理を行いながら+αの処理を行えば、そのアプリの機能を拡張する事が出来ます。
  これはソースが公開されていないアプリを機能拡張する時に良く使われる手法です。
  Chimeは実際の通信処理は本物のwsock32.dllに行わせ、拡張部分のみ自前でやっています。

■[現在搭載されている機能]

 1:Private Message(通称IMと呼ばれている物)受信時にサウンドを鳴らす。 (OpenNap) (WPNP Release 7以降)
 2:UpLoad Request発生時にサウンドを鳴らす。 (OpenNap) (WPNP Release 7以降)
 3:UpLoad 開始時にサウンドを鳴らす。 (OpenNap) Private Messageのログ保存。 (OpenNap)
 4:Hotlistに登録しているユーザからのメッセージ受信時にサウンドを鳴らす。 (OpenNap)
 5:Hotlistに登録しているユーザからのUpLoad Request時にサウンドを鳴らす。 (OpenNap)
 6:DownLoad中の相手からリクエストが入った時にサウンドを鳴らす。 (OpenNap Release 5b以降)(WPNP Release 7c以降)
 7:DownLoad中の相手からリクエストが入った時に自動応答する。 (OpenNap Release 7a以降)(WPNP Release 7c以降)
 8:指定したフォルダへのアクセスをHOTLISTユーザやカウンタリクエスト以外ブロックする (OpenNap Release 6 以降)(WPNP Release 7c以降)
 
9:共有ファイル数が指定した数より少ない時ブロックする。(アンチDOM) (Release 8以降)
10:連続キュー入れ防止。(アンチ連Q) (Release 8以降)
11:指定したフォルダへのアクセスを優先的に転送する。 (Release 8以降)
12:外部プラグインによる拡張アンチDOM機能 (Release 8a以降)

*注 OpenNapでのUpLoad Requestはビジー(画面には出ない)の時も音が鳴りますがこれは仕様だと思ってください。

 

■[使い方]

1:まず最初にChimeSetup.exeを起動します。 起動にはVBのランタイム(日本語版:必須/VB5 SP6を強く推奨)が必要です。
  listviewから項目を選んで下のEditBoxに再生するサウンドファイル(wav又はmp3)のパスを入力してください。
  (ただし、「MCIを使わない」を選んだ時は「コントロールパネル」の「サウンド」(windowsの起動音とかを設定するところ)で指定できるファイル
  だけ使えます。←一覧に表示されているファイルしか使えないと言う意味ではないです。念のため。)
  又は、[...]←こんな感じのボタンを押して「ファイルを開く」のダイアログからパスを入力する事も出来ます。
  但し「ログファイル名」と言う項目は他の項目と違い、メッセージを受信した時のログファイル(*1)名を指定します。

2:EditBoxの横の[>]ボタンで選択したサウンドファイルを再生できます。
3:左端のチェックボックスでその項目を有効にするか無効にするかを選択できます。チェックされた状態で「有効」です。
4:「カウンターリクエスト」は、ダウンロード中の相手からのアップロード要求のことを言います。この項目に関しては、
  「カウンターで自動応答する」と言うチェック項目が選択できます。チェックするとカウンターリクエストが発生した時に
  アップロードを自動で開始します。また、「DL中は無制限に許可する」と「1ファイルのみ許可する」を選択できます。
5:「ブロックフォルダ」は、指定したフォルダへのアップロード要求をブロックする機能です。指定したフォルダのサブフォルダも
  ブロックされます。このフォルダへの要求が許可される条件は
  1.ホットリスト(Hotlist)に登録されたユーザー(一時ユーザーを除く)
  2.現在ファイルをダウンロードしている相手からのリクエスト。(カウンターリクエストの設定に関わらず許可されます)
  3.ファイルサイズが5MByte以下のファイル(1MByte = 1024KByte)。
  です。
6:設定が終わったら[Save]ボタンを押して保存してください。[Reload]を押すと最後にセーブした時の状態に戻ります。
7:最後に[EXIT]で終了します。

一度設定すれば設定を変える必要があるまでchimesetup.exeを起動する必要はありません。
なおCLient(WinMX等)実行中の変更も再起動なしで反映されます。

■[イベントビューアの説明]

過去256件のイベントを閲覧するツールです。 項目を右クリックしたときに出るメニューからユーザ名やファイル名(メッセージの場合はメッセージの内容)をクリップボードにコピーできます。

[Group][ShowGroup]ボタンの説明
これは複数のDL要求をグループ化し、グループのメンバの一つがダウンロードを開始した時他のメンバのDL待ち状態をキャンセルする機能です。 主に同じファイルを複数のユーザへリクエストし、その中の一つがDLを開始した時に他の要求をキャンセルする作業を自動化するものです。 わかるかな?w
使用方法
DLビューの「相手の順番待ち」(英語版だと Queued)状態の要求を複数選択し[Group]ボタンでグループの登録をします。
登録グループを再表示するには[ShowGroup]ボタンを押してください。
登録を解除するには何も選択していない状態で[Group]ボタンを押します。
一度に登録できるグループは一つだけです。別のグループを登録すると前のグループは登録解除されます。

イベントの履歴ファイルは .\chime フォルダに eventyyyymmdd.log(yyyy:年 mm:月 dd:日)の名前で作成されます。
なお、「スキル無し」氏によって過去のイベントを閲覧・統計が行えるツールが開発されています。
「ソフト公開場」 http://isweb36.infoseek.co.jp/computer/nonskill/ から入手できます(2001/10/16現在)

(*1)受信したメッセージを以下の形式で記録します。

XXXX年XX月XX日(X曜日) XX:XX:XX.XXX
user=#ユーザー名
#受信したメッセージの内容

-------------------------------------------

*注 ログファイルのサイズに上限は有りません。ディスクに空きがある限り書き込むので、 必要に応じてエディタ等でサイズを調整してください。

 

■[Chime.iniの説明]

Release 1で使用していたsound.txtは廃止しました。変わりにchime.iniを使用します。

記述例 chime.ini

;タグの大文字小文字は区別されます。 ;存在しないファイルが指定された場合はBeep音で代用します。
;
;メッセージをログに保存する場合の指定例
;タグの大文字小文字は区別されます。
;存在しないファイルが指定された場合はBeep音で代用します。
;
;メッセージをログに保存する場合の指定例
[Logging message]
.\Instant_message.log
;
;メッセージ受信時に鳴らすサウンドの指定例
[Message reception]
ENABLE
D:\WINNT\Media\ringin.wav
;
;UpLoad要求があった時に鳴らすサウンドの指定例
[Upload request]
ENABLE
D:\WINNT\Media\ringout.wav
;
;UpLoa開始時に鳴らすサウンドの指定例

;DISABLE(大文字)を指定するとそのイベントを無視します。
[Upload start]
DISABLE
D:\WINNT\Media\ringout.wav
;
;Hotlistに登録しているユーザからのメッセージ受信時
[HotlistUser message]
DISABLE
D:\WINNT\Media\ringout.wav
;Hotlistに登録しているユーザからのUpLoad Request時
[HotlistUser request]
DISABLE
D:\WINNT\Media\ringout.wav